便秘を治せば蕁麻疹も!

蕁麻疹の9割は腸で治る!中年便秘解消法!

中年の慢性便秘になると体調がおかしくなることがあります。
しょうがないです腸内にたまった滞留便から毒素が
発生してそれが体内を廻るのです
それが体調の悪化につながります
たとえば皮膚に毒素が出たりします
肌荒れや吹出物や蕁麻疹もそうでしょう

 

 

蕁麻疹はかゆいですね^^;
一時的にわ〜っと出てきて
いつしか引っ込んでる
でも掻いた跡は残ってる!
ちがいますか
蕁麻疹のかた?

 

蕁麻疹とは急性の皮膚病で
アレルギー症状と見られていますが
中年の慢性便秘の患者さんで蕁麻疹がでるという
方はいるでしょう

 

蕁麻疹は体内に廻った毒素が関係しているのでしょうか?

 

これは腸内環境の悪化から起きているのでしょう
そのもとは中年の便秘による老廃物が腸内に溜まってることも
関係あるでしょう。

 

腸は食べ物から栄養を消化吸収する場所です
その腸内が中年の慢性便秘で滞留便の腐敗などで
腸内が傷ついて衰えていて
それが食物アレルギーのある食べ物が入ってきて
腸は吸収してしてしまい
蕁麻疹が起こることも考えられます!

 

蕁麻疹であれ皮膚病であれ
腸内環境を正常にしておかなければいけません
善玉菌を優位にして悪玉菌を押さえ込むというのが
腸内を正常化する方法でしょう
腸内環境は免疫力と密接な関係がありますから…

 

腸内環境がよくなれば
体調もよくなり肌荒れもへり
皮膚の状態も良くなります
ついでに中年の慢性便秘もよくなります!

 

善玉菌を増やして
中年の便秘が解消されなかったとしても
あきらめないで善玉菌を増やす方法を選ぶべきです!

 

善玉菌を増やすには
善玉菌のえさになる乳酸菌を摂ればいいのです
ヨーグルトなりビオフェルミンなり
乳酸菌サプリメントなりで
しっかり腸内環境をケアしてください
それが中年の便秘解消につながりますから^^

 

 

 

中年の便秘と蕁麻疹の関係をまとめますと

 

 

蕁麻疹や肌荒れがひどい

悪化している腸内環境をよくしたい
(中年の慢性便秘などで)

それには善玉菌を増やせばいい

それには乳酸菌を摂ればいい

腸内環境が良くなる(免疫力UP!)

中年の慢性便秘も改善

 

 

蕁麻疹すべてが
中年の便秘から起きているとは限りませんが
出来れば中年期の便秘は早めに改善しておいた方がいいに決まってます!
こんな感じでしょうか。

 

 

 

腸内環境を正常化すれば皮膚病も蕁麻疹も良くなる可能性あり

 

 

 

続けてコチラをどうぞ↓

 

中年からの便秘で有害物質大発生!肌が荒れ放題に…
便秘!中年期から劇的に減る善玉菌を食い止めるために…
なぜか毒素を排出してしまうデトックス3つの方法!
宿便を取る奇跡のテニスボール!
水分補給だけで腸をギュるギュるいわせる方法! 

 

 

もう少し下もどうぞ↓<関連記事>

 


ラクチン便秘解消法 慢性便秘・病気 便秘解消法 クスリ、下剤を使いたくない! 知られていない便秘サプリ