アントラキノン下剤は刺激が強い分マヒしてくる!

90%便意がなくなるアントラキノン下剤! 中年便秘解消法

便秘もちの患者さんで
便意が自然にある人は
ほとんどいないそうです
90%のひとが便意がないそうです

 

 

便意は自然なお通じのことです。

 

 

ではなぜこうなるのかいうと
下剤の常用なんですね

 

 

その下剤はアントラキノン系の下剤です
市販の下剤はかなりこのアントラキノン系下剤です
「コーラック」などそうでしょう
即効性があるようですが
便秘気味になってもわたしは服用したことありません
下剤は極力避けたい方なので。

 

 

 

アントラキノン系の下剤は
腸への刺激がつよく使い始めは便秘に効き目があります
便秘への効き目が続いたとしても
その頃には自然な便意など全くこないようになります。

 

 

ただアントラキノン系の下剤はこれでも
ダイオウという漢方が主体なんですよね…
でも便秘を何とかするために腸を強く人工的に刺激するというのは
良くありませんね。

 

わたしもアントラキノン系の下剤はおすすめできません!

 

 

 

便秘が、下剤常用が異常なのに
これは人間として自然な姿では
ありません
自然な便通、便意がくるように
なんとかもっていけないものでしょうか?
アントラキノン系の下剤から抜けれないものでしょうか?

 

 

わたしはできると思います。

 

 

 

便秘解消、腸内環境をよくするもの
を総動員しましょう。

 

食物繊維
オリゴ糖
植物性乳酸菌(ヨーグルト)
オリーブオイル

 

こういったものを
毎日摂りましょう

 

食後しょっちゅうお腹をゆすってるのも効果ありですよ
気持ち悪くなるという人はやめましょう
あと普段の倍はしっかりと噛んでください
便秘解消には重要ですからね。

 

 

 

運動を15分でも30分でもいいから
続けましょう

 

 

 

 

いま使ってるアントラキノン系の下剤をやめて
代わりに酸化マグネシウムの下剤にしましょう
アントラキノン系下剤に比べれば
お腹にやさしい下剤です

 

酸化マグネシウムは便秘気味の硬い便を軟らかくします。

 

 

下剤がいやなら
代わりにミネラルウォーターを飲むのもいいですね

 

 

 

半年くらいで自然な便通、便意がくるでしょう
そのとき便秘も解消されます
その日を楽しみに待ちましょう。

 

 

 

 

アントラキノン系の下剤からの脱出はできます!

 

 

 

 

続けてコチラをどうぞ↓

 

便秘患者に下剤を出したがる医者は避ける!
ひどい便秘でも一度便秘薬から離れてみる! 
簡単!いつもの下剤にビオフェルミンを組み合わせるだけ!
いいから一週間ヨーグルトを続けてみなさい!


ラクチン便秘解消法 慢性便秘・病気 便秘解消法 クスリ、下剤を使いたくない! 知られていない便秘サプリ